気の向くままに趣味三昧

気が向いた時にゲームなり映画なりを楽しんで、
その日その日に思った事・感じた事を書き綴っていくだけの日記

その時その時に、思ったことを書きなぐっているだけなんで
誤字脱字や、文章としておかしな部分があるけど
おおめに見てください

ゲームプレイ日記などに関してはネタバレを含んでいます。
ネタバレしている記事に関しては基本的に、
続きの方に記載しているので
ネタバレを気にする人は続きを読まないようにお願いします。

カテゴリ:PC > マザーボード

各社からB550マザーが続々と発表されてるね。

個人的にはX570マザーは
チップセットファンとチップセット温度が気になってしょうがないから、
ファンレスマザーが良いなとは思うw

しかし値段を見てみるとX570より2,000円くらい安くなってる程度で
X570と値段がほとんど変わらないって仕様だから
買い換える価値はあんまりないと思う。

だからB550マザーに乗り換えるのは無いかな。

それよりDDR5メモリや
CPUソケットも新しいソケットが採用されるかもしれない
2世代先くらいのRyzen向けマザーの方が気になるかも。

AM4の互換性もそろそろ終わるっぽいって話だもんね。
買い換えるのであればそのあたりのタイミングかな。
ついでにCPUなども5年位経過してからでも良いわけだし。
その頃にはIntelも今よりは良CPUを作れるようになってるかもだし、
無理に交換する必要はない感じ。

CPU、マザー、グラボあたりを交換するのであれば
モニタも4kのモニタに変更したいなぁ。

MSIからギガマザーに変えてからの変化。

・HWiNFO64にファンがズラッと表示できなくてちょっと寂しい。
ギガマザーはファンコネクタが4つしかない。
MSIは6つ。
フロント3、リア1、CPU1のファンを
細かく制御するならMSIの方が有利だったね。
しかもフロントファンを複数搭載したい人には
コネクタ少なすぎ、遠すぎというのがギガの問題点。


・MSIよりギガマザーのほうが若干起動が速い。(高速起動モードもある)
MSIも高速起動モードがあったっぽいけど、
明確な設定項目が無かった気が。
ギガマザーはファストモード、ウルトラファストモードがある。
起動時の初期化処理等をOS起動まで端折ってしまって高速化する。
互換性気にしないならOS起動まで全部端折ればそれなりに速く起動する。


・チップセット温度低めで精神的にも安定する。
BIOS画面内だと温度がガンガン上がっていくのは
MSIもギガも同じっぽいけど、
MSIの方が普通に70℃近くまで上昇していくのに対して
ギガは60℃以上に上がったところをまだ見たことが無い。
あとになってから別のマザーを調べてみたら
ASRockマザーは65℃どころか70℃付近で動作してる、
という報告を見た・・・
X570チップセットの温度はどのくらいが正常なの?w


・ファン制御はギガの方が優秀かも?
ファン制御はMSIよりギガの方が優秀と思う。
マニュアル・プリセット両方から設定できるが、
ギガマザーにもASRockのファンチューニングのようなものが
Windows用のユーティリティにあった。
そこでファン性能を測定してからプリセット選択したりすると
かなりの静音性が確保できる。
MSIでも試してみたかったけど、DragonCenterが異常だったからなぁ。
ある程度落ち着いてから試そうとしたらインストールできなかったんだよね。


・ギガマザーはABB BIOSがリリース済み
CPU温度と消費電力が極端に増えてしまうバグっぽい挙動を
AMDがチップセットドライバで解消したが、
BIOSレベルで同じ状況を解消する
AGESA 1.0.0.3 ABBがリリース済みだった。

ちなみにさっきMSIのページをみたけど
X570 GAMING PLUS用のAGESA 1.0.0.3 ABBは
未だリリースされてなかった。


最初からオーラスエリートにしときゃ良かったと思うところはあるが
まあ、勉強代と思って諦めるw

何個か前の日記にも書いたけど、
最近はPCの静音化が楽しくてね(*´∇`*)
ノクチュアファンは確かに風量の割に音が静か。

ノクチュアファンに替える前に使ってた
AntecP101に標準で付属しているファンは静音仕様。
性能はそこそこだけど、標準で付属している程度の相応品。
静音性高めで1200rpmが上限ぽかった。

続きを読む

このページのトップヘ