気の向くままに趣味三昧

気が向いた時にゲームなり映画なりを楽しんで、
その日その日に思った事・感じた事を書き綴っていくだけの日記

その時その時に、思ったことを書きなぐっているだけなんで
誤字脱字や、文章としておかしな部分があるけど
おおめに見てください

ゲームプレイ日記などに関してはネタバレを含んでいます。
ネタバレしている記事に関しては基本的に、
続きの方に記載しているので
ネタバレを気にする人は続きを読まないようにお願いします。

カテゴリ:ゲーム > ネプテューヌ

まあ、余り繋がりがないが、強引に女神形態が水着っぽく見えたからネプリバ3を久しぶりに遊んでみた。

やっぱり会話パートがちょっとだるい。
暑いからずっと寝て過ごしたいよw

ギャグメインの会話なんで、ドキドキなんちゃらに比べたら会話内容は格段と面白いんですけどね。
35978067.jpg
ネプギアは一体いくつの属性を身に着けていくのだろうか。

98d1a160.jpg
こういうネタも結構好きですw
iPhoneだっけ、このコメントの元になったテレビのインタビューって(*´∇`*)
割とどうでもいい事を夢に持って、目をキラキラと輝かせるネプギア可愛いw


それにしても・・・あちいよ(*´∇`*)

現在、ネプテューヌリバース3をプレイ中。

プレイしていて思ったのが1と2に比べて結構親切設計になっているのが良い。
1つ目は、ほぼすべてのDLCが本体に含まれていて、追加購入するDLCが一個しか無い点。
追加購入DLCはキャラ育成速度UPと、ステラの装備保護ならびにダンジョン探索時間の大幅削減が追加される。

まあ、98円で済むならと買ってみたが快適すぎたw

それから本来VITA版ではDLC購入で追加されるキャラたちが
本体に標準でついてくる仕様。
そのため、一部のチート急の強さを誇るキャラ達が、序盤から参戦してくれてバトルで苦労することもない。


そして、今までリバース1と2でストレス要素だった仕様書の素材。
これ、今回からは逆引き検索ができるようになっててすごく良い。
攻略wikiを検索せずとも、必要な素材がどこで手に入るのかを、ゲーム内で知ることができるんですよね。

仕様書を開く → 足りない素材がある → Yボタンを押す → 足りない素材にカーソルを合わせて入手先を検索

これをすると、どの敵がドロップするのか、どのダンジョンの採集アイテムなのか、仕様書でダンジョン変更する必要があるのかなどがひと目で分かる。1と2もこの仕様を盛り込んでほしかったよ(´・ω・`)

まあ最後に1つ残った不満点は、仕様書が大量に追加されるんで組み込み済みの仕様と、未完成の仕様をソートして表示してくれると良かったかなぁ。未完成のものを上位に表示するだけでもカーソル移動の手間が省けると思うんだ。
とはいえ、肝心の素材検索が格段に楽になったのは良い仕様だね。

このページのトップヘ