気の向くままに趣味三昧

気が向いた時にゲームなり映画なりを楽しんで、
その日その日に思った事・感じた事を書き綴っていくだけの日記

その時その時に、思ったことを書きなぐっているだけなんで
誤字脱字や、文章としておかしな部分があるけど
おおめに見てください

ゲームプレイ日記などに関してはネタバレを含んでいます。
ネタバレしている記事に関しては基本的に、
続きの方に記載しているので
ネタバレを気にする人は続きを読まないようにお願いします。

カテゴリ:日記 > ネタ

先日、にゃんこ大戦争でクロノスとアフロディーテを手に入れた。
あれからスタメン入りしてるクロノスとアフロディーテだが
クロノスには致命的な欠点がある。

それは・・・
キャラがでかすぎて
アフロディーテの姿を隠してしまう
事。

アフロディーテが見たいねん(*´∇`*)

ネトゲ用語に関するまとめ記事を読んだ感想。
どうもナーフとか火力とか立ち回りという言葉を使うとキモいらしい。

正直そういう言葉を使ったほうが、
同じゲームをプレイする上で説明しやすかったりするから
共通認識を持って使用したほうが
利便性高いし、良いと思うんだけどなってしか思わないかなぁ。

※ちょっと追記・修正してみた※

続きを読む

ネトゲ関係の話題のまとめ記事を見てたら
ネカマの定義がどうのこうのって書き込みがあったのを見た。

ちなみにネカマって、
ネット使ってチャットとかMMOしている限りは
男か女か判別が不明なため、
女性の名前や女性のキャラを使いつつ、
女性として振る舞い、リアル性別を偽る行為をネカマって呼んでいた。

ちなみに自分がネットを始めた頃はチャットで遊ぶことが多かったが
そこにリアルオカマさんがいて、
「ネカマじゃない!オカマだよ!悪いか!!」
みたいなネタにしている人が居た。

そんで、なんでネカマの話をしだしたかというと、
女性キャラ、女性アバターを利用していると
中身がおっさんとか、男と自称していても
ネカマ扱いする人がいたから。

ネットに置いて、リアル男性であるにも関わらず
女性と偽るのがネカマであって、
女性アバターを使っていても、
「リアル男性ですよ」っておおっぴらにしている場合は
正確にはネカマに該当しないのよね。

でも割とよく、女性アバターを使用してただけで
ネカマ扱いする人がいたのも事実なんだよね。
定義が変わったのだろうか。


プレイステーション3において、
PS Homeというコミュニケーションソフトがあったのだけど、
女性アバター向けの服なんかがよく売りに出されて
男性用はほとんど売られないという状況もあった。
そして服の購入は女性ものを買う人がわりとおおかった。
そんで、そんなアバターを使ってると
通りすがりの人が話しかけてきて(無料服・初期服)、性別を聞いてくる。
「中の人は男です」と返すと
「なんだネカマか」と言って去ってくという失礼なことも多々あった。
だからまあ、PS Homeでは
無料服の人は警戒されやすかった気がするよ(*´∇`*)

自分はPS Homeは男性用・女性用両方買って、
気分で男性アバター使ったり女性アバター使ったりしてた。
PS Homeはキャラのアバターの性別は自由に変えられたので。

PS Homeというとブラきゅーさんの話題が今でも伝説となってるけど
あの人はサイレンラウンジに行くといつも居たから
噂を聞いて見に行ったことがある人なら確実に目撃しているはず。

ただ、ブラキューさんはメンテ直後に急いで駆けつけても
すでにそこでダンスしてるから、そこが不気味だったんだよね。
メンテ終了予定時刻にメンテ明け前からログイン連打し、
サイレンラウンジに直接ワープできるよう、お気に入りに追加して
ログイン後、直でワープしてもすでに踊っててビビってた記憶。

YouTube見てたら
パーツを組み合わせてPCを組み立てるのは自作じゃない、
と難癖つけられたって動画を見た。

え?もしかして部品一つ一つ自分で作らないと自作と名乗っちゃいけないの?

そしたら世の中自作PCなんて1台も存在しないことになるんだけど?
メーカーPCもメーカーが作ったPCに定義できなくなるんだけど?

続きを読む

またしてもYouTubeにハムスター扱いされるとは(*´∇`*)
無題

ちなみに犬とか猫とか好きでペット関係の動画なんかもみてるから
ハムスタートピックがオススメに来てるんだと思うんよ。
でも一個だけハムスターと全く関係ないのが混ざってるよね。

中学くらいのときにハムスター飼ってたから
ハムスター動画を見てると思いだすね(*´∇`*)
インコ飼ってた時のゲージをそのまま再利用かつ、
車と巣箱用意して可愛がってた。

驚かせるつもりはないんだけど
背中を撫でるとびっくりして仰向けになっちゃう可愛い子だった(*´∇`*)

このページのトップヘ