RG Z組み立て日記その2。
一応RG Zガンダムが完成した。

DSC_0001
個人的にZガンダムはガンダム史上1、2を争うかっこよさがあると思っている。
ただ、ガンプラ制作においては個人的にはいまいち評価が低い。
その理由は可変モビルスーツであることなんだよね。

顔もカッコいいし、スタイルもカッコいい。
ウェーブライダー形態もかっこいい。
だけどその可変機構を再現しようとプラモ化すると
他の非可変モビルスーツと比べて
プロポーションが犠牲になったり、安定性が犠牲になったりで
あまり好きじゃなかったりする。

Zガンダムってそんな立ち位置。


先日Zの超合金魂だかメタルロボット魂だかが登場してたで
多分それを買えばDX超合金魂のバルキリーと同じくらいの満足感は得られるはず。
PG Zガンダムの変形機構にも割と満足しているしね。


話がそれたが、RG Zもやっぱり変形機構が組み込まれているせいで
腰周辺の安定感に欠けるキットになってしまっている。
前回も書いたけど、144分の1スケールに
完全変形ギミックを組み込まれていることは大変評価できるところではあるが、
それが原因でもろくなってるところもあるのは個人的にはマイナス点でもあるのよね。


DSC_0002
だけどまあ、Zガンダムというモビルスーツそのものがカッコいいので
変形部分に目を瞑れば、非常に素晴らしいキットであることに変わりはないわけで。

腰周辺が少し脆いとはいえ、変形機構を組み込みつつ、
これだけ足の可動域を確保しているのは非常に素晴らしい。

そんなZガンダムがかっこよくないわけがない。


ウェーブライダーへの変形後の写真はというと・・・
実はガシガシ変形させて遊ぶキットじゃないと思って
もう一体RG Zガンダムを買ってあるので、
モビルスーツ形態とウェーブライダー形態を同時に飾れるようにする予定なんです。
なのでウェーブライダーに変形させるのは
もう一体組み上げたあと、かなぁ・・・(*´∇`*)


歯ぁ食いしばれ!そんな大人、修正してやる!!

というカミーユの声が聞こえてきそうですがw