さて、PGのお掃除が終わったので
MGフルアーマーを組み立て中。
結局ゼロカスの軟質ゴムパーツは
白スポンジでは綺麗に出来なかったw

MG組み立て始めてるけど、本格塗装が出来る環境にないので
部分塗装しか出来てないね。

腕部、肘関節とかガンメタリックで塗ろうかなぁ、と
思ったりするところはあるので、後で挑戦してみるかも。

上半身の組み立ては終わったけど塗装したのはアンテナくらいかなぁ。
ガンダムマーカーのゴールドで塗装したのと
中央部分のヒンジ部分はガンメタリックで塗装したくらい。
パッケージイラストをみると
アンテナ中央部は黒くなってたからガンメタリックで塗ってみた。

しかしさ、MGとRGの設計思想が違うせいか、
MG版はほとんどモールドが無いような気がするのは気のせいだろうか。

RGはどのガンプラもモールドがたくさんあって
墨入れし甲斐のあるキットが多いのになぁと思いながら組み立て中。

上半身が組み立て終わったところでランナー3枚が空になった。
ランナー数がめっちゃ多いから、使い切ったランナーが増えてくれると
かさばらなくて良いんだよねぇ。

あとは、MGとRGとで頭部の変形機構が違うため
変形のさせかたが良くわからなくてめっちゃ悩んだ。

ガンダムの顔を普段はのっぺりしてる方の顔で覆い隠して、
デストロイモードでのっぺりしてる顔を奥に倒して、
ガンダムの顔を後ろから引き出してきて、
のっぺりしてる顔を覆い隠す形で変形させる。
そんで、ガンダムの顔を奥から引っ張り出すことで、
頭部の角も前方に出てきて
左右に展開できるようになるってギミックだった。
ユニコーンモードのお顔が出てる状態だと角が奥の方にあって
アンテナを物理的に展開できない状態になってる事に気づかず
無理やり押し広げようとしてしまったw危ない。

RGユニコーンはお顔のモードに関係なく展開出来るんだもの(*´∇`*)
MGでも出来ると思いこんでいた・・・

まだ上半身のみで、腕までしか作ってないけど
商品レビューでよく言われてるように可動域が狭いね。
肘関節が90度くらいしか曲がらない。
膝も90度くらいしか曲がらないらしいから、
そういうところはRGは本当に凄いキットだったんだねぇ。


MGのFAユニコーンを買った理由は、
・RG以外のユニコーンも作ってみたかった(PGも候補だったんだよ)
・緑のサイコフレームのユニコーンが良かった

という2点。
だから9,000円くらいの赤緑フレーム入り、チタニウムフィニッシュも候補だった。
だけど、緑のサイコフレームが欲しかったし、
FAパーツついて6000円ちょいのFAユニコーンのほうがお得感が強かったため
FAユニコーンを選んだ感じ。

実はνガンダムとバルバドスも購入候補に入ってた。
νガンダムは旧MG、RGと買ってるからVerKaも買ったら3度目になるので、
一旦置いといて、バルバドスを買おうと思ったんだけど
在庫が無いみたいなんでAmazonかヨドバシあたりで在庫が復活したら買おうかなと。

と、そんな理由で消去法的な理由で選ばれたFAユニコーン。
んだけども、ユニコーン自体もRGの方で、
ノーマルユニコーン、バンシィ・ノルン、FAユニコーンと組み立ててるから
ユニコーン系では4体目なんだよね(*´∇`*)

しかし、余り迷うこと無くポチってたから
RGユニコーンシリーズをよほど気に入ってたんだと思う(*´∇`*)
アニメの方は途中で飽きちゃったのに、MSはカッコいい。

アニメの方は成長したミネバっぽい娘っ子とバナージが接触したり
クシャトリアが暴れまくったり、
(パイロットがプルシリーズだったのはYouTubeの解説動画で知ったw)
フルフロンタルが出てきて、バナージの乗るユニコーンと戦うときに

「見せてもらおうか、新しいガンダムの性能とやらを」

と言ってたのは見てたんだよね。
あとはブライトさんが出てきたけど、
声優さんが鈴置洋孝さんじゃないっぽくて
なんか違和感バリバリだったような。
まあ、鈴置さんが亡くなってらっしゃるので仕方ない。

鈴置さんといえば、冷静なホワイトベース艦長、アーガマ艦長という
ガンダムシリーズの名艦長で有名なんだけど、
実はガンダム以前の作品にて、ダイターン3で波乱万丈役を演じて
熱血シャウトを披露してたのが意外だった。
ブライトさんのイメージが根強かっただけに、
「世のため人のため、悪の野望を打ち砕くダイターン3!
 この日輪の輝きを恐れぬならかかってこい!」
とか、
「日輪の力を借りて、今必殺の!サンアタック!!・・・ダイターンクラッシュ!!」
とか、神谷さんに負けじと劣らぬ必殺技シャウトをしてたんだよね(*´∇`*)

ついでに・・・
アムロ担当の古谷徹さんも鋼鉄ジーグでジーグ役だったりしてシャウトしてますね。
「スピンストーム!」とか「マグネットパワーオン!ジーグブリーカー!」
なんて、スパロボで叫んでました。
鋼鉄ジーグはちっさい頃超合金のおもちゃを持ってた。
首と肩ともも関節はパチンコ玉みたいな球体で出来てて
それを本体側の強力な磁石でくっつけるおもちゃなんだよ。
鋼鉄ジーグの変身シーンが再現されてたってお話。
でもちっさい子供が考える遊び方は色々あるわけで、
肩に足をっくつけたり、股関節に腕をくっつけたり、
首のところから腕を生やして遊んだものです(*´∇`*)

ちっさい頃から変形・合体するロボットが好きだったんだよね。
ヲタファさんの動画を見てると
ああ、この玩具持ってたなぁってのが結構あるんだよw